ブランク可の看護師求人

ブランク可の看護師求人

ほとんどの看護師求人はブランク可や未経験可になっています。

ですが、ブランク可の職場に入職してみて後悔するパターンが多いのが現実です。

では、ブランク看護師はなぜ復帰に失敗するのでしょうか?

それは、職場の支援体制によります。

支援体制が整っている職場のほうが圧倒的に少ないです。

ブランクがある看護師は反対に経験年数もありますから、入職した時から既に経験者としての扱いです。

いきなり仕事のメンバーに入り、働きながら仕事を覚えてね!と言う職場が多いのです。

でも、色々な年代のスタッフがいますから、経験では自分の方が先輩になると言う事があると思います。

経験が上の看護師に仕事を教えるのって結構難しいですよね。

ブランク看護師の支援体制が整っていると言うのは、例えばブランク看護師にもプリセプター制度があったり、入職後はしばらく仕事に慣れるまで実習などをする、職場全体がブランク看護師を支える体制が出来ていると言う職場の事です。

この様な職場は事前に調べる事で分かります。

ブランク可だから大丈夫だろうと入職したら、仕事が出来て当然と言う感じで辛い思いをして辞めてしまうと言う事が多いのです。

事前に、職場の細かい情報をしっかりと調べて入職する事をお勧めします。

2015年8月15日|